FC2ブログ

第2話


本記事は1月28日に行われた第3回スチームパンク武装撮影会のストーリーになります














~モルゲンロートの手記~


林を抜けると、カーキのブッシュジャケットが似合う中年男性が立っていた。

「いやはやファラメルディアス様、お待ち申し上げておりました」

01セイヤン出迎え 「セイヤンと申します。遠路遥々みなさまお疲れ様でした」



セイヤンさんは、私たち全員に膝まづいて握手をしてくれた。
柔らかな笑顔とがっしりとした掌の硬い握手が、私たちを労おうという気持ちで溢れていた。


02握手 「この小路の先に野営に適した場所を見つけています。ご案内いたしましょう」





03道案内 「重い背嚢を持っていては靴が沈み込んでばかりだ。少し手伝え」

ファラメルディアスは無遠慮に自分の荷物をセイヤンさんに放り投げた。




04放り投げ 「おっと、これも頼むわ。両手が塞がってちゃ皆を守れないだろ?」

追い討ちをかけるようにヘンゼルさんがセイヤンさんに荷物を預けた。調子のいいというか、人の気持ちの分からない人だ。

でも、そう思う私もセイヤンさんを手伝うことはできなかった。私自身が、それどころではなかったからだ。



電波が通じない。




この日のために改造した空中線を違法出力まで回しても、最後に乗り継いだ島の岬に置いてきた基地局すら中継できない。圏外の雑音識別信号すら送れない。

短波帯に切り替えても駄目。

最後に確認をしたのはいつだった?
列の最後尾でぶつぶつと唸っていると、不意に侘助さんが振り返った。



05便乗


このまま直らないのなら、打ち明けなければいけない。でも……。







06第二話予兆






隊列は再び林を進んでゆく。
岬から見えていた表層の雰囲気とは打って変わって、鬱蒼と生い茂る幹と葉は太陽を探して曲がりくねって行った。

ナイフとロッドで先頭を切り進むのはファラメルディアスとヘンゼル。
その後ろにラバナーヌとポワゾン。
荷物をいくつも抱えた現地コーディネータのセイヤン。
翡翠、ミーナ、侘助。
最後尾ではモルゲンロートがせわしなく装備をいじりながら歩いていた。



07隊列 「この島は、ですねぇ。かねてより、幻の島と、呼ばれていました」


セイヤンが両手で抱えた背嚢の左右から顔を覗かせながら1文節ずつこの島を紹介した。


「幻の島?ずいぶん夢のある名前だね」

話に乗ってきたのは吟遊詩人、翡翠。
08翡翠 「そうで、ございましょう?なぜ、幻の島かと、申しますと」

息を切らせながらのテンポの遅い解説にミーナが早口で答えた。

09ミーナ 「それはかつて住んでいた原住民が外部との接触を拒んでいたからです。言語が他のアンダム諸島に住む部族と大きく異なることから数千年間ほかの島と交流せずに暮らしていたと考えられています。彼らは科学技術を有さず接触を試みたアンダム諸島の政府職員が島民に攻撃されて以来政府は干渉しない意向になっています」

「なんとまあ!お詳しいのですね、ミーナ様。セイヤン、感服いたしました」

「そうでしょうそうでしょう」と、侘助は満足そうにほくそ笑んだ。
10侘助 「重たい荷物を持って歩行をしながらの説明は非効率ですので私が続けます。残されている人工物の老朽具合から原住民は20年から30年前に『絶滅』していることが分かります。何かしらの事故または特定の疫病が蔓延したと考えられます。外部の血統が入らない数百人規模の島では珍しいことではありません」

「へえ、じゃあもう原住民に教われたりする心配はないんだな」

「ええ。ですが気になるのは現在の島の状態です。ここに植生する常緑樹が低温に弱い種ばかりであることからこの寒さと雪が異常気象であることは明白です。また上陸時に海面に出ない種類の珊瑚礁が露出していたのを確認しました。つい最近大きな地震か地殻変動があったことが分かります。いずれにせよこの島の気候は非常に不安定です。そして特筆すべきは瘴」

「分かった分かった。ミーナちゃんもあんまり早口で歩くと舌噛むぜ。もうすぐキャンプにつくんだろ?そこでしっかり話を聞くさ」

翡翠がそう言ってようやくミーナは静かになった。


後ろの大演説に耳をやりながら、ファラメルディアスはパーティを腐した。

「まったく、すぐに火が付くボンボンに聞いてもないのに喋り出す本の虫。それぞれ保護者が必要だな」

言葉の悪意はヘンゼルに向かって放たれたものだったが、ヘンゼルは反応しない。
ヘンゼルが歩みを止め、隊列を制した。


11ヘンゼルの制止 「気をつけろ……この森で、誰かが人を殺してる」

「おいまさか原住民か!?」

「はずれだファラメルディアス。火薬の匂いがする」



林の影から、落ち着いた声がした。
「然様。我は蛮族に非ず」






12虚無僧







■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

原案・文章(マイケル)
記事・管理(バレット)


カメラマン(以下の皆様の写真を掲載させて頂いております)
せーゆ
へい
シュウ
しめ鯖
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント