FC2ブログ

第5話

本記事は1月28日に行われた第3回スチームパンク武装撮影会のストーリーになります





00_ロゴ

―本隊上陸 2ヶ月前―


「うぅ・・・苦手だこの寒さ・・・」
雪柳は走って緩んだケープをいま一度締めなおした。
森の生き物は突然の雪に怯え、足跡すら見かけない。

01_木の上 木の上から、島を見回してみる。獣人の身には容易いことだ。

風に匂いは無く、木々は急激な降雪に色を失いつつあった。


そしてこの雪は、島の中央に向かってますます深くなっていくようだ。


故郷に降る雪とはまるで違う。体感の寒さだけでなく、妙な「寒気」が産毛を逆撫でする。
そしてそれ以上に、何か嫌な予感を雪柳は確かに感じ取っていた。


「――動くな」
木からするすると降りたところで、背後から急に野太い声がした。

02_発見 「私はヴァルター・フォン・クロンベルク。帝国軍人である。命令により排除する」
ヴァルター、そう名乗る男が剣を構えた時には、雪柳はその身を反転させ大きく飛びずさった。

「疾いな。だがこちらは名乗っている。そちらの名と目的を」
雪柳はヴァルターの言葉を待たず襲い掛かった。

ガギャリとガントレットが軋み刃こぼれが小さく発火する。その閃光が消えるより速く二人は二刃、三刃と斬り結んだ。
雪柳の眼光が糸を引く。仰け反った体躯をばねにしてもう一撃を加える。

03_戦闘 戦闘には自信があった。雪柳は自警団でも一番のミリティア・ガントレット使いだった。
カミソリの如き先端のクローは切れ味を失いやすい。
しかしその度にガントレット後部のバルブが自動的に開き、こぼれた刃を修復することで分厚い毛皮を、太い骨をガーゼのように裂いていく。


しかし全ての攻撃は、ヴァルターの両腕とそこから伸びる無骨なロングソードによって去なされ、スケイルアーマーにすら届かない。

(肉体に傷がつけられないなら、数で圧倒して逃げよう・・・・!)




斬撃が三十を越した後、先に体勢を崩したのは雪柳のほうだった。

04_逡巡 すかさずマウントを取るヴァルター。逆手に持った剣が喉元にむけ振りかぶられた。


「……っ」


一瞬の逡巡。雪柳は機を逃さなかった。

「ぐるるるああああああああああああ!」


ガントレットの廃熱を顔に押し当て、肘でヴァルターを突き飛ばした。

05_脱兎 「待てっ!……いや……」
ヴァルターは突き出した手を下ろすと、その場に立ち尽くした。




バーグリヒト奪取計画。

祖国の言語で【山の光】と呼ばれた幻の宝玉。

鉱石採掘場で偶然発見された大粒のダイヤと思われていたそれは、ただの宝石ではなかった。

・・・・・
核電金剛石――そんな小さな石ひとつに熱を上げて、帝国は今再び略奪者にならんとしている。



騎士道とは守るべき者のために戦うはずではないのか。

宝玉の奪取と解析は帝国の科学力を飛躍させるといわれているが、その斥候という命のために歳若い獣人を殺すことがあって良いのか。それはもう蛮勇ではないのか。

プロイツはもはや元の大公国のみならず、世界そのものから乖離しはじめている。




06_祈り 優秀な戦果を挙げた名誉ある血族にのみ許される、紅の十字兜。

それは神の受難と国の勝利を顔に刻まれたことを意味している。


「主よ、祖国よ。貴方は邪まな者の悪意を砕き正義を守るために剣を使うのを、私にお許しになった。
どうかこの下僕のこころを善に向けさせ、いかなる剣も、不正に他人を傷つけるためには決して使わせないように導きたまえ」

ヴァルターはゆっくりと、無骨な剣を十字に相対させて祈った。











■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

原案・文章(マイケル)
記事・管理(バレット)


カメラマン(以下の皆様の写真を掲載させて頂いております)
せーゆ
へい
シュウ
しめ鯖
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント