第2回スチームパンク武装撮影会 第12話『天翔』

『注意』
この記事は、第2回武装スチームパンク撮影会の記事です。
ストーリーになっており、フィクションの内容となっております。ご了承ください。
写真撮影は(
ザン・ウー様)(しめ鯖様)(せーゆ様)にして頂きました。ありがとうございます。
※一部ツイッター上の物も使わせていただきます。

前回のお話

━━領主の館・広間━━

 ネージュの刃がゴットヘルフの首筋へと迫る。
しかし、その刃が突き刺さった先は、飛び込んできたヒヨコであった。

「ぐ・・・!」
「ヒヨコ・・・お前・・・!」

仕留めたはずのヒヨコの捨て身の介入に、ネージュ、そしてノイは動揺を隠せなかった。

 IMG_0134.png
「じ、ジジィ・・・い、今だ・・・!!こいつらを・・・やっちま・・・え・・・!」


 ネージュの刃を押さえながら、搾り出すヒヨコの息が止まるよりも早く、ゴットヘルフの体は動いていた。動きが止まっていたネージュ、そしてノイと一度に叩き伏せる。その動きはバークラー・・・戦場の強奪者と恐れられた伝説の傭兵そのものであった。二人は成す術もなく、床へと倒れこんだ。



IMG_0138.png

 得物を落とされ、戦闘意欲を失った二人に対して、ゴットヘルフは静かに・・・しかし恫喝するように呟いた。

「勝負はついた・・・去るんじゃ・・・」
「くっ・・・ま、まだネージュは負けていないんだから・・・!!」
「まだですわ・・・この程度では・・・まだ・・・!」

「二度とは言わん。消えろ」

 低く吐き捨てたゴットヘルフの声は、老人のそれではなく、威圧と恐怖・・・そして消えうせる事のない殺気を携えた殺人者のそれであった。ネージュとノイは、戦意を失い、その場から這い出るように消えていった。二人の表情は、狂気に染まった殺人者の顔は消え、恐怖に打ちひしがれたか弱き淑女のそれであった。しかし、それは同時に、次への戦いを意味していた・・・。




「くそ・・・すまねえな・・・モリブデン・・・お前と食ったあのパン・・・美味かったのによ・・・こんなところでよ・・・」

 後方で敵と戦うモリブデンを見つめ、夥しい血を流しながら、白くなっていくヒヨコの顔を、静かに摩るゴットヘルフ。ゴットヘルフの脳裏には、街の中で大道芸を披露するヒヨコの姿が映っていた。この戦乱が起きる少し前の事であった。



CbWKF9_UEAEVLap.jpg


 二十年も前に・・・。家族を捨てたゴットヘルフには、気づけば孫が出来ていた。しかしその孫の父親もすでに亡く、孫は孤独に大道芸人として生計を立てているという。観客に紛れ、孫の姿を見つめていたゴットヘルフ。しかし今更名乗る事もできぬ。彼にできる事は、観客と同様に小銭を彼に恵む事しかできなかった。

 しかし、市民達が領主への反乱を起こすと聞いた。その若い大道芸人も反乱軍へ加入したと聞いた。ゴットヘルフも反乱軍へと入り、彼らの教官役を買って出た。彼らを一人前の兵士にするだけではない。最愛の孫を・・・最も近い場所で守る為であった。抱きしめていた手から、ヒヨコの温もりが消えていく。




IMG_4159.jpg

「しかし・・・結局・・・本当の事を言えないまま・・・お別れとはのう・・・」

 静かな笑みを浮かべたまま冷たくなったヒヨコを抱きしめ、ゴットヘルフは小さく呟いた。背後では、残りの私兵と民兵の戦いが続いていた。




IMG_0101.jpg

 一方での戦いは、熾烈を極めていた。マチルダとトーマは距離を縮めながら、お互いに急所を狙いつつある。弓手のヴァルジッラの矢を避けながら、モリブデンは銃口を向けるが、互いに致命傷を与える事ができずにいた。


461A7840_R.png

「チッ・・・獣人がいるのか・・・」
「君は・・・!?蛇・・・?君も獣人じゃないのか?何故領主の味方なんか・・・!領主は獣人達を弾圧しているんだよ!?」

モリブデンは、ヴァルジッラの毒矢を避けながら叫ぶ。しかしヴァルジッラは冷たい目を落とし、蛇のように舌なめずりを繰り返しながら吐き捨てる。

「そんな事はどうでもいいのさ。私にとっては・・・時が刻まれれば・・・!その為には・・・あの時計は誰にも渡さないのさ!お前も時計を奪いに来たんだろう!?」
「・・・?一体何を言って・・・?!」

再び、命の消える音が聞こえた。



━━━━━━━

今回も、民兵vs私兵のシーンです。

撮影時間の関係で写真が少ない部分があり、文章で補完させていただいたところがございます。
写真での出番が少ない方は申し訳ありません・・・。

次回で、民兵vs私兵は決着し、いよいよクライマックスへと近づいてきます!


写真に写ってはいても、出番がない方は、今後もしっかり出番を作っていきたいと思います。

続きを読む

第2回スチームパンク武装撮影会 第11話『罪咎』

『注意』
この記事は、第2回武装スチームパンク撮影会の記事です。
ストーリーになっており、フィクションの内容となっております。ご了承ください。
写真撮影は(
ザン・ウー様)(しめ鯖様)(せーゆ様)にして頂きました。ありがとうございます。
※一部ツイッター上の物も使わせていただきます。

前回のお話

━━領主の館・広間━━

 

IMG_0093.jpg 


民兵のゴットヘルフ、ヒヨコ、そして貴族の私兵集団のノイ、ネージュが対峙し、熾烈な攻防を繰り返していた。ノイとネージュは、力こそ男性に劣るが、その軽妙な動きと躊躇いのない攻撃が、民兵達を思いつめていく。


IMG_3757.jpg 

「フッ、多少はやるかもしれねえが、所詮は素人よ。我々エリート集団”CARD”の敵じゃねえよ!」

 距離をとったところで、ヴァレンは罵り倒すように吐き捨てる。煌びやかな衣装に身を包んだ私兵達は、装飾品にカード”トランプ”の姿を確認する事ができる。つまり、彼らは貴族にとっての切り札なのだろう。大事にとっておいた切り札は・・・戦局を変える力を持っている!









IMG_0122.jpg 


ノイとゴットヘルフの必殺の間合いは、まだ縮まらない。
ゴットヘルフはこの頃になると、ある疑問が浮かんでいた。

あまりにも、こちらの手の内が読まれている。まるで、自分の戦い方や癖を知っているかのような動きだ。

「お前さん・・・ワシのファンかな?」

冗談めいた口調に、ノイの口元も緩み、穏やかな笑みが浮かぶ。
しかし、瞳は冷たく、済んでいる。

「ある意味では・・・そうですわ・・・ゴットヘルム様。この名前・・・ご存知ありますか?」

IMG_0120.jpg


ノイが小さくゴットヘルフに告げた名前。どこか貴族か何か・・・男性の名前のようであった。
ノイは静かに笑みを浮かべたままだったが、ゴットヘルフは苦しい表情を浮かべた。
そして、ゴットヘルフは、自身が前領主のボディーガードだった頃のある任務を思い出した。






CbQ3O1DUsAIWlIi.jpg 


ある任務・・・ゴットヘルフが最後についた任務か。前領主に反乱を起こそうとしたある貴族の捕縛、殺害の命令を受けた。ゴットヘルフは任務をこなした。
人を殺したとは考えていない。
いつものように、事を処理したに過ぎない。

しかし、その後、貴族が反乱を起こそうとした情報は偽の情報だと発覚した。
ゴットヘルフは罪には問われなかった。情報を信じ、ゴットヘルフに指令を出したのは上層部なのだから。しかし、ゴットヘルフは悩んだ。

彼が引退を決めた理由となった仕事であった。

貴族の遺族達は、散り散りになったと聞いた。
その時、親族を頼り、どこかへ消えていく貴族の娘を、馬車の窓ごしに見た光景が脳裏に浮かんできた。




IMG_4218.jpg



「そうか・・・お前さん・・・あの貴族の・・・・・・娘か・・・」

全てを思い出し・・・目を細め、腕の力が抜けていくゴットヘルフに、温かく微笑みかけるノイ。

「あら?気に病む必要はありませんわ。私、感謝しております。おかげで・・・戦いの術を身に付け、こうして貴方の前に立てますし・・・それに、弱者を痛め、命を奪うという快感も知ることができましたわ」

ふふふ・・・と声を上げるノイを、ため息交じりに睨みつけるゴットヘルフ。
これも・・・・・・過去自身の罪に対する・・・・・・罰なのか・・・・・・。









IMG_0117.jpg


「ぐっ・・・わ・・・!!」

一方、その瞬間ネージュの短剣がヒヨコの右胸に刺さる。鋭い痛みに、顔を歪めるヒヨコ。
その顔を、まるで最高の料理を食しているような・・・充たされた表情で目を丸めるネージュ。




IMG_0115.jpg



「最高だわ・・・!すっ・・・ごく、面白い!!」

嬉々とし、可憐な仕草を見せるネージュだが、ずぶずぶと刃はヒヨコの体に沈み、ヒヨコの声が上がる。



「今の声は!?」

過去の自らの罪に頭を塗りつぶされかけていたゴットヘルフが、我にかえる。
ヒヨコの悲鳴に顔を向けようとするが、眼前のノイに対して隙を与える事はできなかった。

「おい!ヒヨコ!返事をするんじゃ!!」





返事は返ってこない。

代わりに



























IMG_0130.jpg


「次はお爺ちゃんの番だよ!!」


ネージュの刃が、ゴットヘルフの頭上から勢いよく振り下ろされた。





━━━━━━━

今回も、民兵vs私兵のシーンです。


なかなか設定を活かすのがしんどくなってまいりましたw
あと2回くらいでこの対決も終わる予定です。

傭兵・軍人に比べると、マスクキャラの比率が少ないので、表情がすごく写真にのり、
良い感じの写真をたくさん撮っていただきました。

第三回武装撮影会の開催も決定いたしましたので、
そちらも盛り上げていけるよう、どんどん!更新していきたいと思います。

大人気のゴットヘルフさんはどうなってしまうのか!?



写真に写ってはいても、出番がない方は、今後もしっかり出番を作っていきたいと思います。

第2回スチームパンク武装撮影会 第10話『虐遇』

『注意』
この記事は、第2回武装スチームパンク撮影会の記事です。
ストーリーになっており、フィクションの内容となっております。ご了承ください。
写真撮影は(
ザン・ウー様)(しめ鯖様)(せーゆ様)にして頂きました。ありがとうございます。
※一部ツイッター上の物も使わせていただきます。

前回のお話

━━領主の館・広間━━

 

IMG_0074.jpg



「偉大なる領主様に刃向かうとは・・・とんでもないヤツらだよ!貴様らは!」

ヴァレンが驕傲な表情を浮かべ、短銃を向けると、周りに控えていた四人の女性が構えを取る。その動きに隙はなく、ただの女性兵士ではない事を思わせる。
戦いに慣れている。
・・・人殺しに慣れている動きだ。

広間には、祭壇のようなものも見える。神に祈るべき神聖な場所。
そんな場所で、武器と殺気が合間見る事になる。
蠢く殺気が、9人の戦士を包み込む。


IMG_0085.jpg 

「そこのクソ爺と、ガキはノイとネージュに任せたぞ!!」

ヴァレンの怒号とともに、戦いはいくつかに分けられ、継続される。


IMG_0094.jpg


民兵のゴットヘルフ、そしてヒヨコの前に、ノイとネージュと呼ばれた可憐な女性が立ちふさがる。

「やれやれ、美女の相手はちと疲れるわい」
「光栄なお言葉ですわ。けれど、手は抜きませぬよ・・・・・・”バークラー”様」
「ホッホ・・・その名を知っているならば・・・本気でいかせてもらうかの!」

ノイの鞭が、ゴットヘルフの得物に巻きつき、二人の距離は縮まっていく。


IMG_0109.jpg



「なめるんじゃねえぜ!」

ヒヨコがボードに乗り、空中に飛び立つと同時にナイフを投擲する。
しかし、ネージュは退屈そうに、短剣で迎え撃つ。

「その程度?全ッ然、面白くないんだけど!」

ヒヨコは小さく笑みを浮かべると、同時に舌打ちをつく。


IMG_0124.jpg



「ほう、お前さん・・・若くて、ベッピンさんで・・・なおかつ、やりおるのぅ」

ゴットヘルフは舌を巻いた。
まるで生き物のようなノイの鞭使いは、ゴットヘルフの反撃を防ぎつつも、距離を確実に縮めている。
二人の距離が近づくにつれ、その殺気が交錯してゆく。

「あら・・・その手には乗りませんわ」

ゴットヘルフは間合いと同時に、攻撃の瞬間を狙っていた。
しかし、ノイにはその手は読めていた。

あと少し・・・
あと少しで、決着をつけることができる。



二人の距離は確実に、決着の時へ近づいていた。




━━━━━━━

今回は、民兵vs私兵のシーンです。
私兵の皆さんは久しぶりの登場です。

相変わらず、美しい女性達のチームです。
一方で、ゴットヘルフさん率いる民兵チーム。

次から、本格的な戦闘へと移行していきます。


写真に写ってはいても、出番がない方は、今後もしっかり出番を作っていきたいと思います。

第2回スチームパンク武装撮影会 第9話『仲間』

『注意』
この記事は、第2回武装スチームパンク撮影会の記事です。
ストーリーになっており、フィクションの内容となっております。ご了承ください。
写真撮影は(
ザン・ウー様)(しめ鯖様)(せーゆ様)にして頂きました。ありがとうございます。
※一部ツイッター上の物も使わせていただきます。

前回のお話

━━領主の館・地下━━

 

IMG_3531_20161207105406502.jpg



「クソが! 貴様はもう終わりだ!!!」

凪橋はもう限界であった、何度も斬撃を浴びせたが、オニ・ムサシは攻撃をくらいながらも迫ってくる。カタカタと刀を震わせる凪橋は一筋を汗を垂らしながらも、口元は笑みを浮かべている。

「何が面白いんだ!クソガキが・・・!」
「確かに、ナンバリングでいえば、君が年上かもね。でも、棟でいえば、僕のが年上だよ」

急な不可解な言葉に目をしかめる。オニ・ムサシ。

「何を言っていやがる!!狂ったか!?」



IMG_3525.jpg



「いや、記憶を失っていないだけだよ」

舌打ちと共に襲いかかる。オニ・ムサシ。
激しい音が響き、強力な一撃が、刃ごと、凪橋の頭を強打する。
流れる血に、満足そうに息をつくオニムサシあったが、刀の奥の笑みは優しく囁く。


IMG_3535.jpg


「フッ・・・やっと解き放たれるか。・・・でも後悔はしない。僕は”やる事”をしたんだから」
「ケッ負け惜しみを、てめえ見てえな口だけ善人野郎はそう言って死にやがれ!」

「哀れだね、そう調整されたのかい?ナンバー『634』・・・・・・?」


IMG_3679.jpg



「なんだと・・・!?」

「正確には、君は・・・2番炉・・・『02-634』僕は『00-784』・・・僕のが先輩さ!」

全身の傷を抑えながら、距離を置く。凪橋。
戦局では、完全にオニムサシが優勢ではある、しかし、オニムサシの頭には何かが広がっていた。


・・・考えた事がなかったが、俺はどこで生まれた・・・?
・・・・・・俺の親は・・・?俺はどこから来た・・・?


俺は・・・・・・誰だ・・・!?



IMG_3479.jpg



「ウ・・・ウガアアアア!!!!」

何かがショートする音と共に、凪橋に襲い掛かる。オニムサシ。
口元に笑みを浮かべた凪橋は構える。




「後は任せたよ・・・・・・仲間(みんな)!」





鈍い音が牢屋に響いた。



























IMG_3543.jpg



「・・・・・・!?」


決まったかと思った勝負は覆された。
一瞬の隙に、シャルロッテは短銃に持ち替え、Fの銃口を狙い撃ちした。


「隊長が頑張ってるんだから、シャルロッテおねーさんだって負けてられないのよ!」


IMG_3561.jpg 


立て続けに短銃を連射するシャルロット。装甲の隙間を縫うように放たれた弾丸は確実に、Fの体内へと消えていった。ぐらつくFはしばしの沈黙の後、後ずさりを始める。





IMG_3705.jpg


「・・・・・・ここまでか」

「ちょっと!あんた喋れるの!?意外と良い声じゃない」

「・・・・・・借りは返す。必ずだ」


踵を返し、その場から走り出すF。
シャルロッテは、立ち上がり、後を追おうとするが、背後から、怒号とも悲鳴とも言われる声が響き渡る。











IMG_3592.jpg


「お、俺は誰だ!?俺はーーッ!!!グオオオオ!」

型も、構えもなく、ただ得物を振り回し、シャルロッテへと襲いかかってくる。
それは、穢れた仕事を完全にこなすプロフェッショナルの姿ではなく、箍が外れた粗暴なる破壊者であった。正気を失ったオニムサシだが、その動きは素早く。刹那にシャルロッテの眼前に飛び込んだ。

しかし

















IMG_3619.jpg


がくんと、崩れるオニムサシ。

「馬鹿な・・・何故・・・!!」

気づけば、オニムサシの下肢には鋭い斬撃の跡が残っていた。
この切り口は、凪橋のそれであった。

自らの命と引き換えに、後と仲間に託した凪橋。
仲間に見捨てられ、一人、敵の銃口に晒されたオニ・ムサシ。



オニ・ムサシの意識は潮が引いていくように清らかであった。
そこには、正義も、悪もない。ただただ、綺麗だ。

脳裏に凪橋の姿が浮かぶ。


461A7838_R_20161207113916e0f.jpg


『もういい、僕達のようなものたちはこの後の世界には必要ないだろう』

「・・・・・・くそったれが・・・・・・」


吐き捨てる。ムサシ。しかしその顔は清清しいものであった。







IMG_3625.jpg


銃弾に撃ち抜かれ、崩れ落ちるムサシを見て、目を細めるシャルロッテ。
そこには、お調子者の姿はなかった。






━━領主の館・広間━━


そこには、別の集団が対峙していた。


「やれやれ・・・老体に鞭を打つとするかのう」


IMG_0044.jpg







「クソゴミムシどもがっ!!!このエリート部隊の俺様が踏み潰してやるよ!」



IMG_0060.jpg





━━━━━━━

今回も軍人vs傭兵は決着です。
オニムサシさんと凪橋さんは同じ、生体兵器だった・・・・?
という完全オリジナルの設定を入れてみました。

Fさんはもしかしたら別の世界線でまた登場するかも・・・?

さて、次回はいよいよ 民兵vs私兵 です!
さあ物語も佳境です!


写真に写ってはいても、出番がない方は、今後もしっかり出番を作っていきたいと思います。

第2回スチームパンク武装撮影会 第8話『名前』

『注意』
この記事は、第2回武装スチームパンク撮影会の記事です。
ストーリーになっており、フィクションの内容となっております。ご了承ください。
写真撮影は(
ザン・ウー様)(しめ鯖様)(せーゆ様)にして頂きました。ありがとうございます。
※一部ツイッター上の物も使わせていただきます。

前回のお話

━━領主の館・地下━━

 



IMG_3517.jpg



「南無阿弥陀仏ゥ!!成仏!!!極楽往生ゥゥゥゥ!!!」

将園の瞳の狂気は深みを増していく。強化装甲も次々に剥がされて行く人造天使。体の各所から警告音や、鈍い音が広がっていく。人造天使の表情に変化はないが、全身の損傷が増えていく。

『機能低下・・・レッドゾーンに入りマス・・・・・・!!』






「大丈夫か!!今行くぞ!」

その様子を察知した淀川は人造天使の方へ目をやるが、脇には卍が俊敏な動きで刃を払っていく。舌打ちを打ちながら、攻撃を凌ぐ事しかできない。


『隊長・・・!!』

人造天使は、淀川へ顔をやる。
淀川は人造天使と目が合った。
今行くぞ。淀川は視線を送った。
























IMG_3576.jpg



「無駄ダァ!・・・極楽浄土ヘ!!往生ウゥゥゥゥ!!!」














IMG_3567.jpg


将園の刃が、人造天使盾の位置が下りたその瞬間を
逃すことは無かった。一瞬で、人造天使の胴体の
抜き払った。

「・・・・・・!!!」

淀川は叫んだ。
それは、女性の名前のようであった。















IMG_3461.jpg


「ウォォォ!」

咆哮と共に、淀川は卍の攻撃を受けたまま、一気に攻勢に出る。卍は動揺した。この変化に、極度の悪寒と、得体の知れぬ殺気を感じ取ったのだ。

「なんだ・・・!これは・・・!」

今までの、冷静な動作ではなく、自らの防御を厭わない攻撃で、激情的な攻撃に、卍は受け切る事すらできなくなった。事前のデータと違う。一体この動きは・・・。

「ふっざけるな!・・・こんなのは聞いてねえぞおお!」

「邪魔だ!どけ!」

















IMG_3510.jpg


卍の気迫を弾き飛ばし、
ビックバンドの強烈な一撃が、卍の顎を砕いた。

「ごはっ・・・」

崩れ落ちる卍の奥で、横たわる人造天使の姿が見える。
その表情は、とても機械人形のそれには見えない。





穏やかな、女性のものであった。









IMG_3582.jpg



「次は御主を極楽浄土へ・・・!南无阿彌陀佛!」

襲いかかる将園へビックバンドを叩きつける淀川。
歯を食いしばり、二人の拮抗した競り合いが続く。
しかし、既に勝負は決していた。





IMG_3584.jpg


「・・・・・・狂信者め・・・・・・消えろ!」



呟きと共に、淀川の拳に力が入る。
それは1人の力ではない・・・2人の・・・・・・力だ。
将園の刃にヒビが浮かび上がり、終焉が近づいてくる。





IMG_3603.jpg


「馬鹿な・・・!ワ、タシが・・・南无阿彌陀佛・・・!」

壁に叩きつけられる将園。

その先の目線には、恐ろしい何かを見た。

「ひ、ひぃぃ!お、御主は誰だ!!冥府魔道の鬼か!?妖かしか!?」

刹那に、将園の腹部にめりこんでいるビックバンド。
将園の頭上で、低く冷たい淀川の呟きが落ちる。



















IMG_3607.jpg



「ただの、軍人だ・・・・・・!」






━━━━━━━

今回も軍人vs傭兵 の続きです
人造天使と淀川隊長・・・二人の関係とは・・・?

それは違う世界線で見えてくるのかもしれませんね。
今回の最後は、淀川さんのカッコイイシーンでお別れします!ではまた!


写真に写ってはいても、出番がない方は、今後もしっかり出番を作っていきたいと思います。